モリシタホケン50年のあゆみ

おかげさまで50周年

沿革
1965年(昭和40年)7月 森下保険事務所開業所在地:長崎県長崎市金堀町
1969年(昭和44年) 事務所移転所在地:長崎県長崎市本原町(10m²)
1978年(昭和53年) 事務所移転所在地:長崎県長崎市大橋町(30m²)
1982年(昭和57年) 事務所移転所在地:長崎県長崎市若葉町(60m²)
1997年(平成9年) 事務所移転所在地:長崎県長崎市富士見町2-11(199m²)
有限会社モリシタホケン(法人化)
創業当時
写真:会長夫妻 写真:会長とバイク

当時の思い出

車もそれほどない時代 会長は赤迫の歩道に立ち、通りかかる自動車の社名・商店名・電話番号を
手帳にメモし、そこに電話をかけたり訪ねたりすることが、 保険代理店業の第1歩でした。
原付バイクで 業者の車の後を追い、 飛び込みで保険の営業を行ったりもしていました。
そのお客様達が 本当に大きな企業になっていらっしゃいます。
当社が50年も続いたのは その方達のおかげであるといっても 過言ではありません。
わが社も 20年30年後 お客様を変わらず 守り続けるために、
誠心誠意の実現と 品質の高い企業を目指し益々努力いたします。

昭和57年長崎大水害

この年の梅雨入りは 例年より8日遅い6月13日で、7月上旬までは
少雨だったのですが、7月10日頃から大雨が降り続いていました。
そして 23日金曜日の退社時刻頃から 激しい雨にみまわれ、当時
浦上川上流で 川幅7メートルほどの川向のマンション2階の事務所でしたが、
一瞬にして 川は増水し 1階駐車場が1メートル以上、完全に
水没してしまいました。
長与町で1時間に187mmという歴代最高記録の豪雨で、この時の
死者行方不明者は299名でした。

長崎大水害
写真:長崎大水害

平成3年台風19号

9月27日 中心気圧940hpaの大型台風19号は夕方 長崎市内を駆け抜けていきました。
市内の屋根は青いビニールシートに覆われ、当社でも200件近い被害状況でありました。
大量の使い捨てカメラで 被害にあわれたお客様の 自宅建物、家財、衣装などを撮影し
少しでも早く保険金をお支払いできるように、と皆必死でした。
自然災害の恐ろしさを痛感し、保険の必要性を私達代理店が もっと伝わるように努力を
しなければならないと 確信しました。

モリシタホケン45周年

ルークプラザホテルにて
写真:45周年記念1 写真:45周年記念2

コンベンション表彰パーティー

年間優績代理店として 東京海上日動火災保険会社主催の表彰式に 19年連続で出席しています
写真:コンベンション(広島) 写真:コンベンション写真(京都)

モリシタホケン50周年

長崎ガーデンテラスホテル&リゾートにて
写真:50周年記念1 写真:50周年記念1 写真:50周年記念3 写真:50周年記念4 写真:50周年記念4

現在のモリシタホケン

2015年7月東京海上日動のトップクオリティⅢ認定代理店として
認定されました。 8月松尾 元が代表取締役に就任いたしました。
現在 営業9名 オフィス担当7名の16名です。
お客様の安全とあんしんを第一に考え、
お客様のためコンサルティングサービスを実践し
何でも相談できる長崎一の代理店を目指します。

モリシタホケン外観
写真:モリシタホケン外観

有限会社モリシタホケン

本社
〒852-8022
長崎県長崎市富士見町2-11
Tel: 095-833-1192 / Fax: 095-833-1193
※駐車場有り

南長崎営業所
〒850-0982
長崎県長崎市柳田町197 南柳田バス停前
Tel: 095-833-1192 / Fax: 095-833-1193
※駐車場有り

自動車保険・火災保険・各種賠償責任保険・終身保険・定期保険・がん保険・医療保険・個人年金

※「東京海ジョー」は東京海上日動のキャラクターです。
「あんしんセエメエ」は東京海上日動あんしん生命のキャラクターです。

東京海ジョーの窓 あんしんセエメエの部屋

ページ上部に戻る